2020年04月23日

SV400S 初乗り

モトクロス一時休止に伴いツーリング?ソロキャンツー?でもしてみようと思い公道バイク購入してみました。
車種は昔から公道車ではいいなと思っていたSV400S 
やっぱりロードバイクはカウル付きがいい。


今日初乗りの感想は、一般道でこの加速感は久しぶり。
でもKTM 350SXFに比べるとちょっと物足りないかな〜っていうのが本音。
折角舗装路でパワーを受け止められるタイヤがあるならもっと強烈な加速感が欲しい。
そう思っちゃいましたね。
やっぱり大型なのかな?
でも車に乗せるの大変っていうか載せられないんじゃ無いかな?

って今思っています。
一応SV400sも400としては53psなのでパワーはある方なんだけどね。
所詮400ってこの程度なのかなぁ
posted by のじべー at 21:51| 千葉 ☀| Comment(1) | 街乗りバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

コロナ真っ只中

凄い世の中になっちゃいましたね。
自分が生きてるうちに戦争が起こるかな?起こったらやだな!って思ってましたが
それに近いものがある様な気がします。
相手は敵国では無く新種のウイルス。
目に見える砲弾では無いけど見えないうちに身体に入り込み下手すると数日で命を落とすかも知れない。
自分の家族が感染すれば二度と会う事が出来ないかも知れない。

第三次世界大戦、地球連合軍vsコロナウイルス

自分はそんな風に感じています。

地球連合軍の勝利を願おう!
posted by のじべー at 20:49| 千葉 ☔| Comment(0) | モトクロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

MFJ 地方戦 参戦を振り返って。

2019 近畿選手権モトクロスの参戦を終え、これまでの参戦振り返ってみようかと思います。

昔々の話ですが1986、1987年のシーズンも関東のレース、当時はMFJ公認で関東選手権とか東京ダイナミックシリーズとかが有りそれには出た事が有りました。
ただしでたレースは全て桶川、セーフティーパーク埼玉でのレースです。
当時はそこでしか練習していなく、他のコースとか行った事が有りませんでした。
なので他でレースなんて考えもしなかったのですが辞めてから思ったのがやはり同じコースの走行だけだとそこのエキスパートになってしまうという事。そのコースではそこそこ速く走れるけどそこ以外で通用しない。
要は本当の速さを身に付けられないという事でした。
アクセルの開けだったりギャップの位置だったり何というかそのコースなりのリズムが身体に染み付いてくるのでそのコースだけは走れる様になって上手くなった気がして満足してしまう。
辞めた後で思った事は色々なコース回ればよかったなぁって事でしたね。
なのにモトクロス再開してみると行くのはMX408(旧)ばかり。
懲りないですよね。
408に行くにはやはり理由が有って仲間がいつも居る。
家から近い、走行料金が安い(当時は3ヶ月券1万円でした。)
コースレイアウトもチャレンジングで楽しくまた定期的に変わるので飽きない。
など色々でしたがやはり気が付けば408のエキスパート(というほど速くは無いがまあ常連組みたいな感じで)になってましたね。
それが408の移転であまり楽しくなくなり今後どうしようか?と思っていた時に舞い込んで来たのがMFJの関東選手権ですね。
2015年シーズンの事です。
前からムカちゃんは参戦していたのですがそこに永遠のライバルミヤちゃんも参戦を表明し、更にのびちゃんに加え村松さんも付き添いで出ると言うことを聞いたもんだからいてもたってもいられませんよ。
ミヤちゃんとはこれまでクサムライダーで散々お世話になり、スピードも同じ位なので常にお互い意識してきましたがどうしても日曜休みじゃ無いので彼がレースに出てくる事はなく正式な場での勝負ができませんでした。
そのミヤちゃんが関東選手権出るというのですからこれは出て勝負するしか無いって思った訳です。
ただ、当時乗っていたのは04KTM125SX、この年式では公認から外れていたのでそのままではレースに出れません。
凄く気に入っていた車両だったので悩みましたが村松さんから公認車両の09YZ 450Fを15万で譲ってもらえる約束を取付け125は思い切って手放しレース出る準備に入りました。
そうこうしてる間に開幕戦、自分はまだ用意ができていなかったので出れなかったのですが何とこのレースでミヤちゃん大怪我。
以降の参戦は微妙な状態に。(結局彼はこの1レースで終了でした。)
そんな訳で本来の目的を失った状態で第2戦の勝沼から自分のMFJ復活参戦ははじまりました。

このシーズンはムカちゃんに加えチャリー、のびちゃん、村松さん、そして勝沼からは安孫子君とも行動を共にする様になりました。
為君も大体一緒だったかな。
それ以外にもアツシや学、マムチンも居ましたね。
レースも回数重ねてくると大体の選手とは顔見知りになってきます。
昔読んだ本でF1や世界GPがサーカスの一団と同じ様だと、常に同じメンバーでいろいろな所を回るうちに顔見知りになり仲良くなり、家族の様になって来る。
それと似た様なものがこの地方戦周りにも有るんだなと感じ、そこの一員になれた様で嬉しい気持ちにもなりましたね。
とは言え本題はレース。
レース始まればみんな容赦無いものです。
その容赦無くレースが出来るのがMFJの醍醐味だと自分は思ってますけどね。
この年ほんとポイント取れませんでした。
やっぱり408のエキスパートでは相手にならないんですよ。
最終戦のオフビ。
丁度関東落としが出来ての最初のレースでしたね。
まあ関東落とし自体は造った当初よりは凄く飛び出し角度も緩く小さくはなっていましたがその時点で自分は未だ飛べていなかったんですよ。
飛び出す勇気が持てなかったんですよね。
で迎えた最終戦。
絶対ポイント取る、取れなきゃもう辞めるって誓って臨んだのですが、
1ヒート目ジャンプ跳べず結果もギリポイント取れず。
悔しくて涙が出ました。
ほんと、自分が情けなくて。
もうこんな悔しいのは嫌だと臨んだヒート2。
ジャンプも勇気振り絞り跳んでポイントゲット。
嬉しくて嬉しくて、またも涙が出ました。
嬉しい涙も悔しい涙も味わったこのレース、忘れられませんね。
前に学が参戦し始めてずっとポイント取れず、初めてポイント取った時に涙ぐんでいるのを目撃したのですがその時のことを思いだしました。
側から見れば20位ぐらいの大した成績では無いですがそこへ臨む気持は言葉では表せないものなんですよ。
人それぞれレベルによって見ている部分は違うと思いますが自分なりの目標を持って真剣にチャレンジ出来るのが自分にとってのMFJだとこの時改めて思いました。

それから大分経ちましたね。
翌2016シーズンは09YZ125を福ちゃんから譲って貰い参戦するもノーポイント。
2017シーズンは16KTM350SXFを為君から譲って貰い参戦。
最高のバイクを得てさあやったるでーと意気込んで臨んだ開幕戦で指チョンパ
第3戦から復帰したもののその後のバイクトラブルでまた数戦お休みとシリーズ闘ってる状態とは程遠い状態に。
2018 シーズンも開幕に照準合わせ練習励んだのですが開幕戦前週に腰痛めてDNSスタート
出鼻を挫かれモヤモヤしてる最中に愛知転勤。
そしてバイクトラブルで暫く乗れず戦線離脱。
何ともピリッとしないシーズンが続きましたね。

で、迎えた今年2019 シーズン
住まいが愛知なので普通は中部戦なのでしょうが
いなべは雨降るとチュルチュルで登れないよ、とか
トヨタのパドックの狭さ見て当日停められるかきっと不安になるな、とか
富山でのレースに練習行くの大変だし2日連続開催やだな、とかで
何となく名阪がシリーズに組み込まれそして年間6戦しか無い近畿戦に魅力を感じ
兵庫の三木も練習ついでに神戸とか観光出来んじゃね?みたいなこじつけで
近畿戦に参加する事を決めました。

まずは第1戦の下市2019/03/24
実はレース前週まで下市行った事ありませんでした。
丁度前の週に下市のローカルイベントのごきげんモトクロスがあったのでこれに参戦
これでコース覚えてレースのポイント見つけようと考えたのですが
なのに無情の雨。
なんだかコースの攻略も何も判らない状態で本ちゃん迎える羽目に。
実際ギャラリー前のジャンプとその次のジャンプ飛んだのはレース当日の公式練習の時でしたから。
周りのスピードに合わせたままうっかり飛んじゃったら全然届きそうだったので次の周は思いっきり行ったら余裕で飛べちゃったパターン。
レースの方はこの日はエントリーもそこそこで同じくらいのレベルのバトルが楽しめました。
結果は12位だったかな
まずはトップ10フィニッシュを目標にしようと想い次戦へ

第2戦は三木 2019/04/21
兵庫県なので結構な距離でした。
練習に行ったもののすぐに雨でここもチュルチュルになるので即中止
まあおかげで神戸観光翌日淡路島1周観光出来ました。
レース直前に大口工場への転勤も言い渡され色々揺れ動いた時期でも有りましたね
レース自体はいきなりエントリー減って13台
苦手な路面でしたがそれなりに走って結果7/7の総合7位
いきなり前回立てた今年の目標達成はしたのですが参加台数がこれでは喜んでいいのやら。

第3戦はまた下市2019/06/30
全戦から2ヶ月も空いちゃってますよね。
実はこれ曲者なんですよ。
気持ちが続かない。
1戦、2戦と来てよし、と思って気持ち入ってるのにレースが無い。
忘れた頃にレース再開、年間レース数が少ない近畿戦の罠ですね。
多分これで皆んな出るのやめちゃうんじゃない?
この頃にNAの辻岡君とも仲良くなりだんだん近畿のレースに馴染んできました。
レースはエントリー13台
ヒート1/2共には同じ年くらいでランキング1つ下の池田さんにやられて9/9の総合9位
速いオッチャン代表の花城さんがヒート1で転倒DNFヒート2DNSもありで
実力より順位1個上でしたがランキングは池田さんに並ばれちゃいました。
でもここまでは周りとバトル出来たし昇格も全く考えられなかったので純粋にレース出来て楽しかったですね。
でもここで悪魔の一言が。
レース後池田さんと話したのですが「俺、来年もNBやりたいからもうレース出ないよ。花城さんも上がる気無いし今トップの若い子も他の地域に出てこっちはもう出ないらしいから野尻さん上がれるよ」って
この一言で今まで考えもしなかったNAが見え隠れし始めちゃったんですよね。
ここからはもうその事ばかり。

次の第4戦からは名阪3連戦。近畿戦、近畿戦、全日本と名阪のレースが3戦続きます。
まずは第4戦2019/08/11
名阪でのレースは難しかったですね。
練習には何度も何度も来たのですが来る度に難しく感じてしまう。
レース前にはステップアップも攻略出来たのだけどそれ以外がまるで上手く走れず
只々コースと格闘してる感じ
このレースは10/9の総合10位

第5戦も名阪2019/09/08
このときは関東からムカちゃんと小島君も2stクラスに参戦
他にも来週の全日本に焦点を合わせ関東から多数のライダーが参戦しましたね。
楽しかったのですがレースはダメダメ
11人出走でヒート1はスタート出たのに結果は10位
ヒート2はレース直前にハンドル緩んでるのに気が付き、グラグラのハンドルで弱気になり無理してノーポイントが怖く、ゆっくり走ったら女性の太田さんにラス2で抜かれて初めてビリになっちゃいました。
でもね、この時は昇格ポイントばかり気にしていたのでこれでいいんだなんて思っちゃってたんですよ。
バカですね。
この時点でランキング7位
あと一つで昇格
一つ上の子は夏の全国大会で怪我してそれ以来出てこない。
このまま出てこなければ最終戦で逆転、昇格か?

で、迎えた最終戦。
第6戦 三木2019/10/06
前日練習でランキング1つ上の滝君走ってる。
儚い夢はもくずと消えた。
スピードでは全く次元が違う。
ヒート1でクラッシュでもしてノーポイントならと思うがあまり人の不幸を願うのもいい事じゃないので考えない事に。
まあそうなればスッキリしたもので、取り敢えずきっちり攻めたレースがしたいと思った。
前日練習は早々に切り上げ姫路城観光へ
で、レース。
キッチリ自分なりのポジション7位をキープではあるが前、後ろ共に離れてレースしてる感無し
ヒート2も一緒
終わってみればランキング也の7/7 で総合7位

ランキングも7位で昇格まで1つ足りず。
2020はめでたく指定ゼッケン1番

こんな冴えない結果でした。

今想えば一長一短でしたね。
良かった点
最大の目標であった年間フル参戦が出来ました。
これは年間6戦という少ないレース数が幸いだったけれど逆にこれがなんだかスッキリしない感じにも繋がりましたが。
そして下市が楽しかった。
コースが最高に楽しかったし、パドック泊も出来るのでここで何度泊まったことか。
当然そこでは1人BBQやったし
そして三木はコースとしては嫌だったけど思った通り神戸に観光行ったしレース前日には姫路城観光も行けた
そして名阪は只々耐えるしか無かったけど最後にこの経験が生きて全日本に楽しく参戦出来たのが自分のMX人生でも最高に楽しく想い出深い物になりましたね。
ただ悪かった点もあって
NBの参加台数が少なすぎる。
中途半端な自分のスピードだと若者達には全く歯が立たず、オッチャン達とのバトルしか無かったのですがそのオッチャン達も後半居なくなり只々ポイント取る為だけのレースになってしまった。
中途半端に昇格ライン目前に位置してしまったものだから
もう毎戦ポイント取りにレース行ってる様だった




posted by のじべー at 21:24| 千葉 ☁| Comment(0) | モトクロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

31年ぶりの全日本選手権モトクロス 参戦 2stクラス。

2019.9.14/15 全日本選手権モトクロスに参戦してきました。
前回の参加は1988年4月
実に31年ぶりですね。

いつものように順を追って書くとダラダラ長くなり途中で辞めちゃうので
思った事だけ。

何はともあれ楽しかった。
この名阪3連戦、前回の近畿戦までは辛いだけで何も楽しく無く
実は今回の全日本も重い気持ちで参加でした。
ホントこのところモトクロスが辛くもう辞めたいななんて想ったりもしていたのですが、
最後の最後ですべて吹き飛ぶ楽しさで終われました。
何はともあれコース整備をきちんとして貰えたのは大きかったですね。
走行前はIAが走った後の荒れたコンディションでまともに走れるのかという不安ばかりでしたが
蓋を開ければ整備バッチリ。
スピード落とさないと走れない様な酷い轍は無く、初めて名阪でレースが出来た気がします。
そしてヒカルにも感謝ですね。
実際走ってる時は全然聞こえなかったのですがどこかで応援してくれているんだなと思ったら頑張れましたね。
ラストラップはすでに自分の後ろでトップがチェッカーを受けてたのでもう誰にも抜かれる事は無いので
ヒカルが居そうなところ探しながらキョロキョロ走ってたんですが見つけたとたんライン外し転びそうになりましたが。

自分みたいな万年ノービスのおっちゃんライダーがあんな沢山の観衆の前で走れるなんて凄い事ですよね。
レース後もパドックへ戻る道で観客が拍手してくれるんですよ。
ハイタッチ求めてくる人もいたりして何だか感激でした。
こんな素敵な体験が出来たのもこの2stクラス開いてくれたおかげですし
自分の場合は出場する為のバイクを貸してくれたミヤちゃんのおかげです。
感謝しても感謝しきれないですね。
人生を豊かにしてくれるのは友の存在だなとつくづく感じました。
そしてこの場を共有出来たムカちゃん、ノブちゃん、藤堂さんにも感謝です。
31年前の全日本は一人で参加だったので楽しかったり辛かったり悔しかったり、
沢山の想いを一人で仕舞い込んでいましたが今回はそれを話し、共有出来る友がいる。
素晴らしいですね。
余計なお世話かも知れませんがもっともっと沢山の人と共有したい、
してもらいたい。
そんな想いが沸き上がりました。

来年も有るのかな?
やってほしいな。
その時はもっともっと沢山の友達と出たいな。
今、そんな気持ちでいっぱいです。






posted by のじべー at 20:18| 千葉 ☀| Comment(0) | モトクロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

台湾 2019続き編

また随分間の空いちゃった更新
台湾旅行の続きです。 
もう2ヶ月も間空いちゃったから大分忘れてるかな。

さて台湾到着し、まずは荷物下したいからホテルへ向かう。
MRTで台北行き乗車
電車からの眺めは若干南国感ある木々の生い茂りですが
あまり日本と変わらない感じ。
人々もすごく近い物をかんじました。
文化レベルが近いのかな。
台北に向かうにつれ天気は下り坂
到着時にはとうとう降り出しちゃいましたね。
台北駅には地下街がありここで傘を調達。
ホテルは直ぐ近くだったのですが今後の活動のためにね。
傘くらい持ってくればいいのですがそこはLCCの7kg縛りがあり
少しでも軽く押えた結果ですね。
まあ致し方ない。

さてホテルはここ
今回はホテル込みのツアーで行ったのですが
その中でも最低料金だったホテルの一つ。
でも、悪くなかったですよ。
部屋は綺麗だしベッド、バスも清潔感あるし。
窓は無いけどどちらにせよ駅近物件ですから眺めなんて期待できないしね。
FF30A8E8-D9B5-4A92-BEE4-D23C7FC8D74C.jpeg
ロビーもフロントと言うほどの物は無く、チェックインもアウトもパソコンでポチポチ打ち込むだけ。
キーも自分で必要枚数作る。
最近って皆こうなのかな?
海外旅行にあまり行かなくなったから判らないや。

荷物も預けて身軽になったので早速腹ごしらえ
ショウロンポウの有名店 ディンタイフォン
お昼時でしたがお一人様という事もあり意外と早くお店に入れました。
656D8623-620F-4DE7-81B9-3783CD1DB2E1.jpeg
まずは有名なショウロンポウ数種と肉まん、シュウマイ、ふかひれスープを戴きましたが、
なんだか普通。
おいしいけどそれ程感動する程でもなく、ごくごく普通に御飯食べた感じでしたね。
まあ、食べずに帰ったらきっと心残りになるだろうから行くべきところに行ったで良かったけどね。
お値段もそれなりにかかり、ちょっとがっかりしながら向かったのがこのお店
さっきのショウロンポウ屋の横の道を少し歩いた所に有るのですが
その本店は人気店ならではの大賑わい
50過ぎのおっさんが一人で入るのもどうなんだいって事でちょっと入るの躊躇い
少し歩いていると1本隣の道に2号店発見。
ここはがら空きだったので入ってみる事に。
7927C361-AF81-4764-97A0-64A93F1209BB.jpeg
これは美味い。
これ食べにだけでも台湾来たい。
そんな美味さでした。

そんなこんなでもうお腹一杯。
取り敢えずホテルへ向かいつつ腹ごなししないと夕食が食べられない。
ってことでぶらぶらしながらホテルで一時休戦。
次へ続く






posted by のじべー at 16:46| 千葉 ☁| Comment(0) | モトクロス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

台湾 2019

突然ですが
台湾行ってきました。
本当は知り合いがバリ島に行ってたので自分もと思ったのですが丁度もう帰っちゃうタイミングだったのと急にはチケット取れなかったのもあってね。
思い立ったのが令和になって早々の5月4日。
この日に病院行って暫くバイク乗れないと解り、帰って来て何しようから何処か海外へ行けないものかと。
取れたのが台湾だったからじゃあ行ってみようか、ってのりです。
翌々日に出発なのにお値段38000円
丁度GW終わる日の出発だから安いのかな?
会社からの費用負担が16000円見込めるので実質22000で行けちゃう計算。

出発は2日後の6日なのですがLCCなので朝早くの出発。
家から始発で行っても間に合わない。
ので結局申し込み翌日の夜に空港向かいまた空港のベンチで一夜を過ごすという強行日程です。
DEEF942C-5792-4709-BAC6-0816945EB5DF.jpeg
急な計画なので予備知識も無く、急遽ガイドブック買ってきて日程作り。
向こうでのwifiは急過ぎて日本では予約出来ず。
まあこれも経験という事で現地で借りることにしました。

さて出発ですが予想に反して飛行機ガラガラ
35BD5430-9C84-4DD9-A144-BD5578A390B9.jpeg
73934CE1-1465-49BD-A063-E997610D42F9.jpeg
こんな人数で飛行機飛ばして大丈夫なのか?エアアジア

台湾まではざっと3時間。
このくらいだとLCCでも我慢出来ますね。
時差1時間なので8時出発の飛行機でも現地10時着。
まだまだ充分時間は有ります。
とは言ってもどこ行きたいとか何がしたいとかが無い旅行なのでね。
自分の旅行スタイルは現地の人に近い生活 なのでまあ焦らずゆっくりと時間を使いましょう。
まずは空港でお金両替。
でもこのスタイルってもう古いのかなって気がする。
両替のレートってあまり良くない上に手数料も結構かかる。
他の国の人達はまずATMに並んでるんですよね。
こっちが正解かもって思いました。
で、次にwifi。
こっちも現代のスマホに慣れきった人には必需品ですね。
まあこれもsimフリーのスマホ持ってればそれ使うのも手ではあるけれどね。
ただ今の日本ではsimフリーは入手するのに色々厄介と言うか、携帯会社の縛り無く本体買うのが一般的では無いのでね。
C9C60DC3-55CC-4D30-A8D2-EC1BEA128885.jpeg
空港には数件wifiレンタルショップがあったけどここが安そうだったので決めました。
現金オンリーでデポジットもう現金で2000元(1元=3.7円くらい)が痛かったけどね。
両替で2万円しか替え無かったので手元に役5000元、そこからレンタル料1日115元(だったかな?)x4とデポジットでいきなり半分お金無くなった。
まあいっか。
って事で無事wifiゲット。
次は荷物預けたいのでホテルへGO

ホテルは台北駅からすぐのとこだったので空港からmetroを使いました。
ガイドブックには1日乗り放題切符があると書いてあったのですがどうやらこの空港からの路線では使えないらしく
スイカみたいなチャージするカードも有るのですがどれだけ使うかわからないし余ったお金を返金して貰うのも面倒なのでその都度買うことにしました。

続く
posted by のじべー at 22:30| 千葉 | Comment(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気が付けば令和

令和です。
まだ慣れませんが。

慣れないと言えば仕事の方も移動になりました。
5月1日付だから令和のスタートが今の職場のスタートですね。
昨年の7月1日付で愛知の知立に転勤になったばかりなのに
やはり単身赴任者は動かし易いのでしょうね。

前回の知立と名古屋からの距離はほぼ一緒なのですが
今回は岐阜に近くすごく田舎くさいところです。
気持ちが滅入りますね。

夏はメチャ暑く冬は寒いそうで
スキー場は近くなったけどモトクロスコースは皆遠くなりました。
前回1時間以内で行けたトヨタは1時間半
いなべは同じくらいでこちらも1時間半
スラムパークだけ近くなったけどここは余程のことが無い限り行かないし。
今年参戦している近畿選手権のコースも全て前回からプラス30分って感じですね。

まあ愚痴っても仕方ない。
前向きに生きていこう令和

posted by のじべー at 20:56| 千葉 | Comment(0) | ダラダラ長文日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

会社 1日行事 シルクドソレイユ

会社の1日行事でシルクドソレイユでした。

BE01B9B8-5270-447B-A6BD-4BC3F8A68D8D.jpeg
10数年前にも会社の行事で行った事があるのですが
愛知では初めてだった様ですね。
前回は楽しかった印象なのですが今回のは退屈な部分が多く
ちょっと残念でしたね。

その後に食事会でちょっと離れた浩養園へ。
会社の人間と食事しても気を使うばっかりで楽しくは無いのですがね。
まあタダ酒とタダ飯という事で大人の対応。

この食事の前に時間潰しで寄ったイオンでベルト購入。
Ikkaの物ですがベルトの裏にphitenが仕込まれてる。
ここ数年謎の臀筋痛に悩まされてるのでちょっとでも効果有ればな~

18D6F5F1-BB38-4B8A-9DDD-EABB3B76A71F.jpeg3ADCA622-4EE5-4A93-87FB-9E5D8AD4B7EC.jpeg


posted by のじべー at 11:40| 千葉 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

愛知生活3ヶ月

愛知に越して来て3ヶ月が経ちましたね。

一番の変化は仕事内容なのですがまあ自分的には仕事は何でも良い。
ただ、残業が無いのが辛い。
仕事が辛いわけじゃ無く土日に遊ぶお金がないのが辛い。
幸いなのか?丁度バイクが無いから今は何も動かずじっとしているが
そろそろバイクが戻って来そうなのでそうなるとこのお金が無い状態でどう行動するかだね。
まあ何はともあれ人生を楽しもうが自分の命題だと思うので必死に楽しもうと思う今日この頃です。
posted by のじべー at 21:27| 千葉 ☔| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

C25 セレナ終了

嫌なことは続くというか
昨年の再来というか

今年は開幕前に身体故障
そろそろいいかなと思った矢先に今度は車が逝っちゃいました。
先週の舞子2連ちゃんの帰り道、高速が無茶渋滞だったので下道に切り替え
快調に走行してたのですが渋川伊香保辺りで突然ミッショントラブル。
アクセルを強めに踏み込むとガクガクとクラッチが滑るような症状が。
こんなところで止っちゃまずいってことで何とかそーっとだましだましかえって来ました。
翌日会社のそばの車屋さんで見てもらったのですが
大分お金掛かりそうなのでそろそろあきらめた方がいいのではとの事で。
自分的には何とか8月末の車検満了まで乗りたかったのですが仕方ありませんね。
まあこの車買った時点でメーター読み10100km
本当はメーター換えてるのでプラス1万キロくらいとは前オーナーの弁
まあ正直あてにはなりませんがね。
その車を3年半で昨日時点で196000kmまで乗りました。
ざっと9万5千キロ
16万円で買った車ですからまあ頑張ってくれましたね。
通勤に関東戦に雪山に本当に頑張ってくれました。
昨日息子の一人暮らしの荷物届けお役目終了です。

さて次の車ですが
まあお金もなく新車など望めない私ですので
安く、バイクと装備が一式載り,それ程みすぼらしくない車という事で
また同じセレナにしました。
いま現在の状態でキャリアとルーフボックス駆使して必要な物全て乗るのが判ってるし
燃費も良く乗り心地も良かったので他は全く候補になりませんでしたね。
ただ普通のマスクではちょっと地味すぎるのが嫌で前回は鉄仮面風の顔つきのモデル選んだのですが
今度はハイウェイスターというモデルにしました。
今までの唯一の弱点、車高が低いのが改善されているといいのですがね。

IMG_0147.jpg

IMG_0148.jpg
IMG_0159.jpg
引取りは今週木曜日
運よく名古屋に出張があるのでそのついでに引き取ってきます。
現在12万キロ
前回同様20万キロくらいまでは持って欲しい。

posted by のじべー at 20:45| 千葉 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする