2006年02月19日

今度こそはどんっ(衝撃)

と思って買いました。
私の12代目の車
94年式ランドローバーディスカバリーV8ES です。
本日車検も無事取得し本格的に乗り始められます。

IMG_0936.JPG

価格はステージア売却+カーナビ売却でトントンです。
車検取るのにステージア以上にお金がかかりました。
でもとりあえず気になるところ一通り直したので多少の出費は良しとしましょう。


これにたどり着くまでに色々ありました。
全部は書ききれませんが最終的にまたランドローバーに決めた理由は
近所に頼りになりる工場があったこと。
ランドローバーなど英国車に乗る方、マイスターさんはとってもお勧めですよ。


さあ後はヒッチメンバーをつくってもらわなきゃ。

posted by のじべー at 23:14| Comment(3) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

捜索願い

知人の車が盗難に遭ってしまいました。
以下転載です。


東名川崎IC付近にて
インテグラType-Rが盗難されてしまいました。

写真がないのですが、
色はパールホワイト、シートはレッド
ボンネットがブラック 
爆音マフラー
フロントバンパー右にコスリ傷有り

ナンバー 川崎500の2908
フレームNO DC2-1205877

見かけた方は、ご一報頂ければ幸いです。





ということです。
まったくもって他人の物を盗むなんて許せません。
最近年に1度くらい身近なところでこういった事件があります。
日本はどうなってしまうんだろう。
posted by のじべー at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

ミニミニ大作戦

なんて映画が昔あったようですが特に関係ありません。

ジャジャン

miniside.jpg

現在我が家にはこいつがいます。
そう、MIYAさんにばれてしまったようにステージアが車検満了と共に手元を離れ
次にやってきた12代目マイカー・・・
なーんつって。残念ながら違います。
代車ですよ代車。
前の前の前の車のディフェンダーの時からお世話になっている印西にあるランドローバー&ミニの専門店(工場)のマイスターさんから
代車としてお借りしました。

いやーいいですね。
こういったベーシックな車は。
素というかその車の真の姿がありありと伝わってきます。
素直に車を運転することを楽しめますね。

それにしてもこのミニ、よく見ると結構いじってますね。
フロントのボンネット上にはエアインテーク、そしてフロントアンダースポイラー
minifront.jpg

屋根にもスポイラーそしてハイマウントストップランプ。
センター1本出しマフラー
miniback.JPG


ミニの定番の改造とはちょっとずれた路線で行ってます。
それとも最近はこんな感じなのでしょうか。

室内はシンプルそのもの。
minihandoru.jpg

逆に何だかよく判らんスイッチもあります。
そして良く見るとチョークノブが、
minishitunai.jpg
若い人はチョークの付いた車なんて乗ったことないでしょ。

ということはボンネット開けるとそこにはキャブレター
sucab.jpg
英国車お得意のSUキャブでしょうか。

それにしてもこの車屋さん、代車にミニのキャブ仕様を出すとはなかなか洒落ています。
以前もディフェンダーの車検や修理の時もモンテカルロ仕様のミニやローバーのカブリオレを
代車で借りたこともあり、私の中ではちょっとした楽しみになっています。
自分じゃなかなか買えないもんね。

さあ、明日はこの車でどこへ行こうかな。



posted by のじべー at 01:18| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

さらば東京レジャーランド

昨日で東京晴海のオートウェーブ晴海店&東京レジャーランドが閉店となりました。
harumi.jpg
実は3年位前までここにせっせと通っていたんですよ。
何をしにって実はラジコン。
毎週金曜日の夜は会社帰りにここに行き夜中の2時頃まで走らせていました。
当時のVideoです。
結構下手ですが
ここで知り合った友達も多くそこから発展して外国からラジコンキットの輸入販売までやっている友達もいます。
ラジコンって結構奥が深くてはまっちゃう人多いんですよ。
ラジコンショップ行くといかにもな秋葉系な人や真面目そうなサラリーマン、果てやイケイケふうなお兄さんまで色々いて面白いですね。
へーこんな人もラジコンやるんだーなんてね。

話はそれましたが今回何しに行ったかと言うとタイヤを探しにいきました。
タイヤといっても車の方ね。
実は先日購入した11代目MyCarのステージア。タイヤが結構やばい状態だったんですよ。
フロントは結構まともだったのですがリアがすんごーく古いの。
製造年が96年になっていたからきっと新車ですぐに履き替えて(車は97だけどね)そのままもしくは途中で適当な物に付け替えられちゃったんでしょうね。
普通に考えればそんなに残っているわけないんでしょうが新潟で乗られていた車だったのでもしかしたらスタットレスばかりはいていたのかも。
まーとにかく古くてひび割れして硬くなっているし50なんて扁平率でしかも太いからリアがわだちとかに取られまくり。
ちょっと怖いので即行替える事にしました。
色々サイトで調べていると上のオートウェーブ晴海店が閉店セールをやっているという情報を聞きつけ早速行ってみた訳です。
いってみるとありましたありました、私が望んでいた物が。
なんとPIRELLIタイヤ、通常売価の半額
これですよ、これ。
私が望んでいた物は。
ただでさえオートウェーブは安いのにさらに半額ですから。

早速店員捕まえサイズ(205/55-16)を確認しましたところP6FOURという銘柄なら有ると。
即買いでしたね。
値段は4本で¥33000−位(アバウトですみません。性格なもので)
パターンはこんな感じ
pi_p6_four_seasons_ci2_l.jpg
で、実際に自分の車につけた所。
taiya.jpg
後から知ったのですがこのタイヤのFourというのはFourSeasonsという意味らしく
夏から冬の多少の雪までこなせるタイヤらしい。
またこれも後で知ったのですがこのタイヤ日本のピレリのサイトには載ってないんですよ。
北米とかのサイトには出てくるんですけれどね。
ちょっとレアなタイヤを格安でゲットできて非常に満足。
乗り心地も劇的に変りました。

最後にMyステージア。
sute-jia.jpg
ボロなので明るいところの写真はとてもお見せ出来ません。
皆さん408で見かけてもあまり細かい所突っ込まないように。
私があの車に望んでいることはとにかく動くこと。
バイクを載せたトレーラーを引っ張り、犬とウェアーなどの荷物を積んでただただ動いてくれればそれでいいのです。
せめて今回のタイヤがなくなるまで走ってくれればいいのですが。





posted by のじべー at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

オークションでの詐欺に注意

昨日私のエグザンティアYahooオークションにて見事落札されました。
値段はなんと¥43500もうやだ〜(悲しい顔)
僕の通勤自転車(駅に置きっぱなしだから安いのでいいやで買ったやつ)
と¥3500しか違わないジャン
まあそれはいいんですけど(オイル漏れしてるし)

そのオークションがらみで詐欺未遂があったようなんです。
いえいえ私じゃありませんよ。断じて私はそんなことはいたしません。

実は私の車を落札された方にメールが届いたらしいんですよ。
差し出し人は落札出来なかった方のようです。
以下本文

■はじめまして*****と申します。
■出品者の方から直接取引をもちかけられました。
■そちらさまは本当にキャンセルされたのか?
■どうか?お聞かせ願えますか。
■宜しくお願いします。


色々探ってみると落札出来なかった方のところに
私を装った物から落札者がキャンセルしたので次点のあなたに買ってもらえませんか
お金はここに振り込んでください。
というメールが届いたらしいです。
それを不審に思い、その方が落札者の所に確認のメールを入れてきたようです。
アドレスとかはどうやって調べたのか不明で色々怪しい部分もありますが。

最近車のオークション見ているとこのような詐欺が横行しているので気をつけてくださいというような事がよく書かれていますがまさか自分の出したオークションがらみでこのような事が起るとは。

なんか残念でなりませんね。
とうとう日本もここまで来たかってな感じですね。
治安の良さ=人と人とが信頼しあえる社会 
これが日本の良さだったと思うのですが
もうそんな事は過去の話なのでしょうか。
今改めて思うと日本のよさって何だろうか?

posted by のじべー at 23:23| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

11代目 MY CAR 購入

また買ってしまいました。
11代目MyCar。
前回シトロエン購入から7ヶ月。
特にトラブルだらけではなかったのですが、続けざまに2つ来たのがいけなかったですね。
それもKX-F納車早々に。

考えてみると私が変な車に乗り出したのはモトクロスを一時やめた時からです。
モトクロスをやめて何もやることがなくつまらない毎日からの脱却に変な車乗り始めました。

そして今、昔以上にモトクロスが楽しい毎日。
もはや変な車に乗る必要はありません。
それに気づかづ今までの流れでシトロエンを買ったのは失敗でしたね。
最近乗っていたディフェンダーがほとんど壊れなかったので
ちょっと甘く見ていました。
モトクロス復活していなかったら今回位のトラブルなんてことなかったでしょう。
上手く付き合えたと思います。
逆にそれもまた楽しいなんてエンスー気取って言っていたでしょう。

でも今はモトクロスが楽しい。
壊れる車=モトクロスが出来ない=邪魔者。
そう。私のモトクロスの行く手を阻む物は皆邪魔者なのだよ。

と言うわけであっさり見切りをつけたシトロエン。
オークション出品中だけどオイル洩れ中だからなかなか買い手がつかないかも。
あっさり捨てちゃうかも。
今そんな勢いです。

さてずいぶん引っ張りましたが次の車はこれ
yigeta1978-img600x450-1128150323pa010020.JPG
なんだか分かるかな?
ワゴンで4WDでターボで235PSもあります。
燃費悪そうなのがちょっと気になります。
いや、それ以上にYahooオクなんかで買ったもんだから出所大丈夫だろうか?
すぐに壊れたらどうしよう。
そんな不安に駆られながらも27万円と言う安さで買ってしまいました。
20年ぶりに買う国産車です。

神様お願い(ってこないだもお願いしたような)
どーかこの車に2年は乗せてください
(壊れないって意味だよ。神様分かってね。壊れていても乗れは無しだよ。)
エアロが着いていてちょっと下品なのは気にしません。
ボンネットに凹みがあるのも文句言いません。
リアのスカートが割れているのも我慢します。
また車買ったっという近所の白い目にも耐えます。
だから、どーか壊れないで動いてね。


さあ、早くヒッチメンバー付けなきゃ。
posted by のじべー at 00:48| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

下町

昨日シトロエン入院してきました。
出来るだけ自分で直したかったのですが今回は下血の場所が見つかりませんでした。

入院先はシトロエン城東
家からは遠いのですが会社からは自転車で行ける距離なのでここに決めました。
場所は東京都葛飾区。
葛飾といえば寅さん。そう下町ですよ。
車を預け駅までの帰り道(駅名は「お花茶屋」です。んー下町)
下町っぽい物見つけました。
IMG_0322.JPGIMG_0323.JPG
あー下町下町。

浜っ子の私には全く馴染めない町ですね。
posted by のじべー at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

下血

とうとうこの日がやってきてしまいました。
シトロエン乗りには恐怖の言葉下血です。
egu1.JPG
なぜ血なのに緑かというとシトロエンには他の車と違い緑色のLHMというオイルが流れています。
このオイルを使い油圧を上げサスペンション、パワステ、ブレーキと車を制御する部分の重要な所をコントロールしています。
この技術があるからこそシトロエン独特の軟らかいけれどしっかり踏ん張り姿勢を崩さない走りが出来る訳です。
車高を上げたり下げたりも出来ちゃうんです。
その為車中にこのLHMの配管が這っているのですがこれと人間の血管を比喩して緑の血が車に流れていると言い、それが漏れ出すことを下血したという訳です。


で、今回の問題の箇所はこちら。
egu2.JPG
メインのアキュムレータ横のおそらく油圧を分岐している箇所だと思われます。
但し洩れている箇所の上のパイプはゴムパイプでそれほど圧力かかっていなさそうなので
ダメもとで分解してみました。
egu3.JPG
とりあえず洗浄しOリングをチェック。
特に悪いところは見当たりません。
これ以上はよく判らないのでとりあえずOリングにシール材を塗布し組みつけてみました。
すると直っちゃいました
というかとりあえず洩れてきません。

今日のところは完治ということにしておきましょう。

でもハイドロシトロエンに乗る限りこの恐怖から逃れることは出来ません。
次はいつ来るか。
その日が遠い先であることを願わずにはいられません。


posted by のじべー at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

過去の愛車たち(車編)

何とか画像もそろったので車編をやってみようと思います。
まずは
TOYOTA CORONA 2HT GT-T
corona.jpg
初めて買った車がこのコロナでした。
当事はまだFRの2ドアツインカムターボなんていうスポーツ仕様があった頃です。
確か82年型だと思うのですが記憶が定かでありません。
本当は86レビンが欲しかったのですが当事はまだまだ高くて手が出ませんでした。
この車にもAE86と同じ4A-Gが乗っている仕様があったのですが僕のは3T-Gというツインカムターボ。
160PSでした。でもツインカムといっても1気筒2バルブだし、そのくせプラグは1気筒2本だし、変なエンジンでしたね。
大学1年の冬に購入。大学生活はこの車と過ごしました。

大学卒業と同時に購入したのがこの車。
CITOROEN 2CV
2cv.jpg
初めての新車&外車でした。(VESPA50は持ってましたが、、)
90年の3月に購入。1948年のパリサロンで登場したこの2CVですが私の買った90年に生産終了。
私が購入した後にはもう日本に入ってこなかったらしく本当に日本に入ってきた最後のモデルを購入しました。
空冷2気筒の水平対向602CC、29PSでした。
前後のサスを1本のばねで引っ張り合うサスペンション(バネは左右2本)やダッシュボードからまっすぐ伸びるシフトレバー、跳ね上げ式フロントサイドガラスなど今の車にはない独特の造りでした。
手でエンジンをかけられるのもこの車の違った楽しみでしたね。(クランク軸に棒を突っ込みぶるんと回すとエンジンがかかります。大昔のプロペラ飛行機の感じですね)
こんな車に乗っていると現代の車の進化ってエアコン位かななんて感じてしまいます。
約2年半乗りました。

その後変な車病に犯された僕が購入したのがこれ
MG.jpg
74 MG MIDGET
ミニクーパと同じ1275ccエンジンを積んだモデルでした。
これでオープンカーの気持ちよさを知りました。(つらさもかな?)
とにかくどこへ行くにもオープン。
当時10分の道のりの会社までもわざわざ10分近くかけて幌を上げエンジンを暖気してから出かけました。
雨以外は絶対幌は閉めませんでしたね。
でもこの車を所有したのは1年のみ。
さらに乗れたのは半年のみでした。
原因はミッションの破損。
結婚したての当時はお金がないので自分で直しました。
当時の借家では場所がないので小平から横浜の実家まで友達に引っ張っていってもらいました。
エンジン降ろしミッションバラシ、クラッチもついでだから交換。
でも素人の組んだ駆動系ですから怖くてたまりません。
修理終了後はその足で買ったお店に持っていって買い取ってもらいました。
200万が1年で75万になっちゃいました。
あー無駄使い。
でも新婚当時だったせいもありますがあの車で週末のたび箱根や河口湖など色々走り回ったのは本当に楽しい思い出です。

次の車はこれ
MG&BX.jpg
87 CITOROEN BX
売り飛ばされる直前のMGとの2ショットです。
2代目シトロエンですね。
色々よく壊れました。(ハイドロに限らず色々)
でも動いている時は不思議とどこまでも行ける気になるのがシトロエンです。
約2年乗りましたが最後はATがギア抜け起こすようになりあきらめました。

そして次は
BMW520.jpg
92 BMW520i
会社の先輩から売ってもらいました。
いい車です。間違いなく。ハイ。
すべてにおいて高級感があり流石BMWと思わせます。(スイッチのタッチやすべての動きが)
エンジンも噂にたがわぬシルキー6。滑らかに気持ちよく回ります。
でもあまり好きになれませんでしたね。
なんか必要以上に車がでしゃばるんですよ。
人間もこれに乗っているとなんだか傲慢になってしまいます。
悔しいんで屋根にレーシングカート載せてやりました。
「お前なんかただのトランポだっ」とばかりに。
冬の雪の降った翌日、首都高のパープ橋で約150kmでトラックと接触ひっくり返り廃車。
流石ドイツ車、屋根も強かったです。

お次はこれ
BMW520.jpg
96 OPEL OMEGA GL WAGON
この頃モトクロスできない寂しさからレーシングカートやってました。
そのトランポを兼ねてワゴンを買いました。
でもすぐに気づきました。
車内に積んだら見えないジャン。屋根につんだ方がかっこいいよ。
新車で買ったのに1年乗らず売ってしまいました。
一番愛着の湧かなかった車です。
写真も残ってません。
今回乗せた写真はカタログから引っ張ってきました。

そしてとうとう手を出しました。
BENZ W119.jpg
74 BENZ 280S
そうベンツです。それもSクラス。
20年落ちの走行15万キロ。もうボロボロでしたね。
エアコンも効かないしミッションも3速までしか入らない。
オイルもダダ漏れ。しまいにゃラジエターから水が、がんがん漏れてくる。
1年がんばりましたが2万円で引き取られていきました。

次は何にしよう。
そこで思い浮かんだのは「そうだまだイタ車に乗ってないぞ」
マニュアルのがいい。(この頃管理人は友人のゴルフGTIのマニュアル車でエンストこいて大恥じかいたばかり)
いいのがありました。
92 ランチャ・テーマターボ16V
LANCHA&DEF.jpg
流石イタリアの高級セダン。
上質な作りの室内、木目パネルも「木目調」ではありません。
本当にWOOD使っています。
ラテンの血が騒ぐデルタと同じエンジン。(フェラーリエンジンが載っているモデルもありました。)
見た目は地味ですが結構気に入ってました。(なんてったってガンディーニデザインですから。)
でもイタ車ですから壊れない訳がありません。
こちらの夏休み、冬休み、ゴールデンウィークなどを狙い撃ちするかのようにタイミングよく壊れます。
3年位乗ったでしょうか。
最後は毎月修理代が2万、3万と掛かり維持するのがつらくなりました。
個人売買で仙台に引き取られていきました。
(その後タイベルが切れて大変な事になったようです。)

この頃大好きなモトクロスも復活し、
「もう車はいいや。普通のに乗ろう」と考えていました。
4WDが欲しくなりなんとなくランクルなんて良いな〜なんて思い中古車屋へ行くと
そこには1台のごつい車が。
自分の中では
「あれ、かっこいいなー、欲しいなー。でももう車道楽はやめよう」と思っていました。
色々なタイプの4WDを見た後家族に訊きました。
「どれがいい?」
うちの家族全員が1台の車を指差しました。
それがこの車
DEF90.jpg
97 LAND ROVER DEFENDER 90
「変な車病」は知らぬ間に家族全員に伝染していました。
本当にいい車でした。
何よりもかっこいい。
4年乗りましたがほとんど壊れませんでした。
燃費も思ったよりは良くてリッター約5〜6km
どこに置いてもすぐに見つけられるしどこへ行くにも気兼ねしません。
これでトレーラーを引っ張ってモトクロスに行くのは我ながら中々かっこいいと思っていました。
ずっと乗っていたかったのですが子供の教育費捻出の為今年の3月にドナドナされていきました。

そして現在の愛車
DEFR90&XZA.jpg
3代目シトロエン
97 シトロエン エグザンティア ブレーク
オークションで格安ゲット。
とりあえずこの車お決まりのトラブルはチョコチョコありますがこのインターネット時代、色々なところに修理の方法が転がっています。
一応乗るのに不自由無く、ヒッチメンバー付けてトレーラーも引けるようになり、荷室も広いので愛犬もお気に入り。
今のところ壊れず動いています。

以上が私の過去から現在の愛車紹介でした。



ここで番外編
JOLLY KAART.jpg
4輪としてはこういうのも乗ってました。
JOLLY KART STEP1
エンジンはIAME kommet k55(リードスタンダードですね。)
タイヤはSL86
モトクロスではお馴染みのモトロマンで購入。
今はあまり盛んではないけれど一時期モトロマンではカートも扱っていたんですよ。
モトクロスの3次元バトルも楽しいですがカートの超接近戦もなかなか楽しいですよ。
もし機会があれば是非お試しあれ。
























posted by のじべー at 01:44| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする